生理前はホルモンバランスでひどくなるんだろうと思っていましたが、私もPMSという言葉初めて聞きました。

今はコーヒーなどの刺激物を控えるサプリメントを食べてみる豆乳飲んでみるなどの対策を行って行こうと思います。

ピクノジェノールクリルオイルはEPAやDHAなど不飽和脂肪酸を含んでいるものです。

アスタキサンチンは抗酸化力があってDHAやEPAは魚の油匂い脂肪酸で血栓を予防すると言われています。

ピクノジェノールはフランス南部で生息する海岸松乃鮨から中止されている成分で抗酸化力が強いとされています。

生理前突然イライラして物に当たったり悲しく涙が止まらなくなったり悶々となってしまったりそして2日前になると泣き出すという感じでしょうか。

家族に話を聞いてもらったり会社で感情を爆発させてしまったり本当に大変です。
今では人目につかないところで感情を押さえ込まないで吐き出したり押さえつけなんて無理だと思います。

感情のままに流されるのは一番楽だということが分かりました。

パートナーとPMSの前にケンカになることは多いです。

今までに起こした喧嘩を思ってみると良いとも生理前だという風に思います。

生理の時は情緒が不安定になってどうしても良いかわからなくなります。

生理のにおいはPMSとの関係がある?

その時PMSと煮物を知りました。

元々の性格も十分にあると思いますが、それがさらに強調されて色々と心の中から溢れてくるものが止まらなくなります。

そして色々な事を調べましたが、サプリメントを食べたり食事を改善するのが良いと思いました。

軽い運動や散歩も良いということです。

PMSと運動ウォーキングやジョギングそしてダンス水泳などの有酸素運動は新陳代謝を活発にしたい服交感神経を優位にしたりそうすることでリラックス効果を乱しPMSの症状を緩和するといわれています。

4動画15分以上続けているとベータエンドルフィンが分泌されてきます。

そうすると爽快な気分になってきます。

ですので、全身を動かして気分が良くするためにもウォーキングをしたりジョギングをしたりするのが良いと思います。

イライラしたり眠くなるなどの症状があります。

また後眠くなってしまって生理中に少しお腹が痛むくらいです。

バランスの良い食事は大切だと思います。

生理前に眠くなるのは基礎体温が黄体ホルモンによって上昇させられ暖かくなって眠ってしまうということが考えられています。

実話黄体ホルモンは睡眠剤にも使われていた事があります。

つまり眠くなってしまうホルモンなのです。

ですが、生理前には黄体ホルモンが不足するといわれていますが、なぜ眠くなってしまうのでしょうか。

交感神経の働きが優位になって昼間爆睡してしまう夜眠れないという症状も怒ります。

そして勤務中も寝てしまう時に昼食を食べた後眠くなってしまうということが少なくありません。

だからといってカフェインを飲んだりするとイライラ症状が出たりすることがあるので低用量ピルを使ってホルモン量を安定させることが大事だと思います。

生理前になると情緒不安定になります。